人気ブログランキング |

テント体験@夢の島

未だにゴミの山だと思っていた私にとって
「夢の島」が世間から隔離された運動場になっていたのは驚きでした。かすかに、熱帯植物園以外の場所も外であるにもかかわらず熱気がこもっていて、その正体はとなりにあるゴミ処理施設のせいだろうと、椎野と話し合いながら
「サーカス劇場」の初のテント公演に向かったのでありました。

目の前に現れたのは何とも奇妙な形のテント。
b0132361_22482785.jpg
アメーバ、幼虫・・。こんな物体見たことがない。
ぱっくり開いたその口で飲み込まれてしまいそう。
こちらなんと25年ぶりのお披露目だそうです。すごい!

芝居のタイトルは『幽霊船』
数年前、前田が出演した時に一度見た作品なので、想像つけて行ったのだが魅力あふれる役者さんが数多く出演されていて、度肝を抜かれました。
身長190cmツインズと異様に低姿勢が似合うリーダーの三人トリオや、アングラ姉妹。テントの低さも相まって、臨場感たっぷりのカラフルな芝居でした。

話は、昭和にアメリカの水爆実験で被爆した第五福竜丸に恋をする女と、小説を書けなくなった男が夢の島で出会う話。
船に片思いをする!美女か完璧な自信家だけが許される病。
確かにそんな女が現れたらほっておけない。

ホフマンの「砂男」が登場するこの芝居では、主人公につきまとう黒崎という男はコッペリウス的でもあるし、広い意味では世間の声、というより主人公の男自身の内なる声ともとれるし。
あいつは何ものなんだ。
これを演じた敏腕プロデューサー兼役者の森澤君、
今後が楽しみな人です。
ホフマン「砂男」は、
近年読んだもののなかで大大大好きな短編。狂気の沙汰です。
これだけ戯曲にしてもいいくらい。
紙芝居でもいい。
NHK教育でやってるような切り絵+ナレーションでもいい。
リンド・ウォード『狂人の太鼓』を思い浮かべずにはいられない。
しかし、以前ボスとこれについて話し合ったとき、そのイメージ、色が全く違い驚いた。それくらい読み手に自由さを与えてくれる物語。脳を刺激されたい方、一度読んで。


●この芝居の中で一番お気に入りのセリフ
姉「あんたは一人で好きにやって。私も一人で生きて死ぬから」(だいたいこんなセリフ)
姉役の人のハスキーボイスでゆるく発せられるこのセリフが
何ともはまってしまったのでありました。b0132361_011213.jpg

サーカス劇場
http://circus.main.jp/
by m109m | 2008-05-28 00:23 | 舞台


唐ゼミ・役者        禿恵 トクメグミ+k.徳鎮


by m109m

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

唐ゼミ*information

[劇団唐ゼミ☆]
劇団員募集中!

劇団唐ゼミHP


[その他]



トク・メグミ
megtoku@yahoo.co.jp

検索

以前の記事

2018年 12月
2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
more...

フォロー中のブログ

from our Dia...
エンゾの写真館 with...
ARTIUM Reports
la vie douce
喉ニュース
ニクコの美術とか。
新人劇団員の記録
キリコのざくざく雑記
グラティナ便り

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

演劇

画像一覧