読書

久々に本をけっこう読みました。

まず、年末に送って下さった、できたてほやほやの

『唐十郎論』樋口良澄著
b0132361_22252673.jpg

限りなく唐さんの近くにおられて、最近ではいろんな催しの仕掛人でもある
編集者、樋口さんによって書かれた本です。
読んでいると、もっと唐さんのことが好きになってしまう一冊。
唐ゼミもちらり出てきます。
カバー写真は首藤幹夫さん。


そして、
『少女地獄』夢野久作 (とそれにかんする文献・恩師著)

『ドグラ・マグラ』以外読んだことなかったけれど
実に読みやすくて、ミステリー風の短編なので
すぐに読めてしまいました。
借りていたのですぐ返してしまったけど
何度でも読みたい一冊。
謎の"後天的”美少女看護婦の、虚栄心から出る果てしない嘘につきあう話。
第一人称が「妾」でどうしても「めかけ」と読んでしまい、より自分で複雑にしてしまう。

話はそれるけど、書体がきれいで、すこし気取った感じがこれまた結構好き。
字によって内容も違って読めてくると改めて実感。
普段あまり意識して読むなんてことないですが
気になったんでしょうね。

台本は、自分とこのと、今度唐組・久保井さんの授業でやる『夜壺』。
台本なんかも、うちはパソコン打ちで明朝。
唐組だととってもきれいに手書きされていて、
他の劇団だと、横書きでゴシックとか。

やはり最初に読む印象が全然違います。
最終的には、これじゃなきゃ許さん!みたいなこだわりはないけれど
慣れ親しんだものが一番、ですね。


随分前ですが『白痴』、やっと手に入れた2巻(そもそも上下巻じゃなかった)を開いたら
1巻の設定を半分以上忘れてて驚愕しました。

by m109m | 2012-01-17 22:44 | Comments(0)


唐ゼミ・役者        禿恵 トクメグミ+k.徳鎮


by m109m

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

唐ゼミ*information

[劇団唐ゼミ☆]
劇団員募集中!

劇団唐ゼミHP


[その他]



トク・メグミ
megtoku@yahoo.co.jp

検索

以前の記事

2018年 12月
2018年 07月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
more...

最新のコメント

見に来てくださってありが..
by m109m at 22:04
やばっかた ありがとう..
by 大泉のうる星やつら at 05:35
さかのぼってコメントどう..
by m109m at 23:03
あれ?コメントした記事、..
by 繭 at 08:26
トクちゃん、お疲れ様。 ..
by 繭(まゆ) at 00:59

フォロー中のブログ

from our Dia...
エンゾの写真館 with...
ARTIUM Reports
la vie douce
喉ニュース
ニクコの美術とか。
新人劇団員の記録
キリコのざくざく雑記
グラティナ便り

記事ランキング

ブログジャンル

演劇

画像一覧