始動!!!!&募集!!!

お待たせしました。

唐ゼミ*始動
http://www.karazemi.com/

今年秋『ガラスの少尉』

来年夏『下谷万年町物語』


題して、
500日間の空間偽装工作

決定しました。
『ガラスの少尉』はラジオドラマを戯曲化した、バリ島と日本の上空を飛び交う、空間が縦横無尽に交錯する物語。
『下谷万年町物語』は今はなき万年町を舞台した100人登場する大作。
どちらの作品も上演するのは難しいからこそ、一つのプロジェクトとして1年半(500日)やっていこうというものです。

『下谷万年町物語』は蜷川幸雄さんが初演されたことで唐さんの大作戯曲として有名ですが、それ以降これに手を出したものはいません。そして『ガラスの少尉』は未だ公には上演されていない前代未聞の問題作。
テントから離れて、場所作りから徹底して作り上げる構想です。


そして今回、この工作をともにする、同志を募ります。

対象/役者、スタッフ・・ともに作ることに興味がある方ならば、どんな立場からでもOK。経験、年齢は問いません。
募集期間/5月〜6月
顔合わせ場所/水曜日夜(18-23時)横浜桜木町にある都橋マーケット内唐ゼミ*事務所
連絡先/080-3152-2675
   karazemi@yahoo.co.jp

詳細は随時更新。劇団唐ゼミHP&ゼミログをチェックして下さい。
少しでも興味を持たれた方はまずはお電話、メール下さい。



そしてこちらが新!週一事務所
野毛のBARです。
その名も“はる美”。

b0132361_9434695.jpg
昨日のゲストは唐組の久保井さん。明日から池袋でテントの立て込み、がんばってください。

b0132361_9454492.jpg

この二階。入口側は川に面しています。
野毛はゴールデン街などのように、初めての方は非常に入りにくいという印象ですが、わりとひらかれているお店が多いです。
b0132361_9461091.jpg


水曜の夜のみ。お電話はいつでも。
お待ちしています。
[PR]
# by m109m | 2008-05-22 10:08 | 唐ゼミ | Comments(2)

ガラス工房の巻

先日横浜のはずれにある、山の中のガラス工房にガラス作り体験をしに行ってきました。実に珍しい試み。

理由は次の構想と深い関わりがあるのです。
それは、そろそろ劇団ホームページを気にして見て下さい。



しかし、お勉強そっちのけで、
小学生以来のこの“体験”に、我を忘れ子供に返る。

素敵な店内。この日は天気がよく風も気持ちいい。
b0132361_22425014.jpg

山の傾斜に沿ってつくられた工房。
お店の地下ということになるのかな。
学生の頃からガラス作りに魅了されたという男の子。
我々のガラスを溶かしてくれています。
b0132361_22455065.jpg



そしてこちらが届いたばかりのマイグラス(右)
b0132361_22592035.jpg

なかなか良い出来じゃ。

ふくらまし加減とか自分じゃ見えないし、息の調節が難しい。1000度に解けたガラスは水飴のように軟らかいので、修行は大変そうだ。
(ほとんどやってもらってるのでこんだけきれい↑)

唐さんの本にはよくガラスが重要な要素で登場する。ガラスの皮膚、匂いガラス等など。それに加えてフィルム、ビニールなど透明なものが多く出てくる。
いろんな解釈はあるだろうけれど、おそらく、ガラス自体、そのものが何とも魅力的なモチーフで、それだけで乙女ごころ、子供ごころをくすぐられてしまう。
私個人も以前ルネラリックなどのアールヌーボー作品や、アンティークガラスを写真集で見て魅了されたけれど、実際に作ると、当時あんなものどうやって作ったのか、気が遠くなりそうだ。。『少女都市』など、劇で想像していたガラスとは随分違ったね。


さて、これらの愛情たっぷりお手製グラスは明日からとある場所で活躍することとなるが、それはまた、別の話。。。
[PR]
# by m109m | 2008-05-20 23:56 | 唐ゼミ | Comments(2)

サーカス劇場

今週からサーカス劇場の公演が始まる。

彼らの代表、清末浩平君には、以前唐ゼミに役者として出てもらったり、
東大公演に協力してもらったりと、大変お世話になっている。
また、彼の芝居に唐ゼミメンバーも多数出演させてもらった。

清末は、唐さんにインスピレーションを受けながら
オリジナルの戯曲を書き続け、
今回はなんと

夢の島でテント公演

5/16(金)〜26(月)まで

楽しみだし、負けていられないね。

b0132361_1275459.jpg
[PR]
# by m109m | 2008-05-11 08:00 | 舞台 | Comments(4)

裸のラリーズ

今日は授業で横浜までいらしていた唐組Q氏、K君、Dさんと
野毛で一席。
最新作の話題も含め、和やかに飲む。残念ながらシャッターチャンスなし・・
Q氏の考えは、一貫して芝居に真摯な態度で
話を聞きながら自らを顧みたり・・
芝居の話はおもしろい。
時間があれば一晩中話してみたい。


今日のお題。
こっちは全然芝居と関係ない話。
ある殿方ご推奨の、伝説のバンド『裸のラリーズ』
音楽に疎い私ですが、
最近ひょんなことから彼らのディープな音楽を聴いている。
まだ彼らのことを書くほど聞き込んじゃいないけど、
彼らのHPで見つけたイメージ画像があまりにかっこいいので
ご紹介。

b0132361_21255012.jpg
(裸のラリーズHPより)




あまりにディープ&重たいサウンドで、軽く酔ってしまうのだが、
もう少し聞いてみようと思う。
生で聞いたらおそらくもっとかっこいいんだろうな。
[PR]
# by m109m | 2008-05-07 21:39 | いいもの | Comments(2)

唐組、花園初日

今年も花園に紅い花が咲きました。

b0132361_101382.jpg


唐組第41回『夕坂童子』
初日ということもあり、なんだかテント内の空気も新しい感じです。
来週あたりには、土の匂いやら、人の匂いやら、雨や太陽の匂いが
どんどん混じり合って、独特のテントの匂いが濃くなっていくんでしょうね。

さて、今日は初日。お客さんも豪華です。
憧れの緑魔子さんもいらっしゃってました。
(今、中野のほうで、魔子さんが初演時主演された『二人の女』(唐さん作)がやられています。観に行けそうになくて残念。)

いつも3回見なければわからないのですが
今回はまたちょっと違ったテイストを感じました。
最初から最後まで、遊び心が散らばっていて、
見ていてとても楽しめました。
相変わらずビックスケールな役者さんたちには圧倒されますが
私の本日のお気に入りは
「夕坂の三人のかげろうたち」
レオローラ・キャリントンの絵を見ているような。
不思議な気持ちになりました。例えば
唐さん天才童子!

ま、ともかくあと2回見ないと・・楽しみです。
[PR]
# by m109m | 2008-05-04 01:24 | 舞台 | Comments(0)


唐ゼミ・役者        禿恵 トクメグミ+k.徳鎮


by m109m

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

唐ゼミ*information

[劇団唐ゼミ☆]


劇団唐ゼミHP

[その他]



トク・メグミ
megtoku@yahoo.co.jp

検索

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
more...

最新のコメント

見に来てくださってありが..
by m109m at 22:04
やばっかた ありがとう..
by 大泉のうる星やつら at 05:35
さかのぼってコメントどう..
by m109m at 23:03
あれ?コメントした記事、..
by 繭 at 08:26
トクちゃん、お疲れ様。 ..
by 繭(まゆ) at 00:59

フォロー中のブログ

from our Dia...
エンゾの写真館 with...
ARTIUM Reports
la vie douce
喉ニュース 1700万アクセス
ニクコの美術とか。
新人劇団員の記録
キリコのざくざく雑記
グラティナ便り

記事ランキング

ブログジャンル

演劇

画像一覧